顕微鏡よりもよく見える|microscopeの魅力を大公開

女性
システム

通販で手軽に購入

インターネットで手軽に注文できるmicroscopeですが、似たような種類を間違えて購入するということもあります。事前にカタログを取り寄せたり、担当者から性能や付属品について詳しく話を聞いておきましょう。自社内の人々の意見に耳を傾けることも大切です。

メンズ

導入方法を考える

microscopeを導入する場合には、レンタルがいいのか購入するのかを考えましょう。そして、購入するとなった場合には、更に新品を購入するのか、中古品を購入するのか検討してみましょう。そして、microscopeには様々な種類があるので、サイトを確認して適切な機種を探しましょう。

顕微鏡

電子基盤開発で威力を発揮

microscopeは、倍率で選べるのが大きな魅力でしょう。低倍率や中倍率などのレンズを必要に応じてmicroscope本体に着脱すれば、観察対象に適した作業を行えます。3D化合成映像によりあらゆる角度から全体を把握するため、幅広い場面で威力を発揮します。

作業精度を高めるために

男の人

光を拡大するレンズ

光のある場所でレンズを使うと、その光を集めて束ねることができます。束ねられた光はレンズの反対側から照射されるのですが、この束はレンズから離れるにつれて広がっていきます。そしてこの原理を利用して作られた光学顕微鏡が、microscopeです。microscopeは、対物レンズと結像レンズ、そして接眼レンズという3種類のレンズで作られています。使用すると、まずは対象が対物レンズに映し出され、それが光となって結像レンズを通過します。すると光が広がっていくので、これにより接眼レンズでは、対象が拡大されて見えるようになるわけです。顕微鏡の中には、結像レンズがなく、ルーペと同じ原理で対象を直接大きく映すものもあります。この場合、拡大の倍率は通常は通倍程度で、性能が良いものでも30倍ほどが限界となっています。しかしmicroscopeの場合、100倍ほどに拡大して見ることが可能ですし、性能によっては1000倍以上に拡大することもできます。そのためmicroscopeは、より高い精度が求められる医療現場や精密機械の開発現場などで重宝されています。たとえば歯科での根管治療で使用すれば、歯の根の奥に入り込んでいる細菌でも、しっかりと見つけ出して徹底的に除去できるのです。この他にも、印刷物のドットや塗膜のムラなどを確認するためにも、microscopeは利用されています。ペンタイプの小型microscopeもあり、手軽に扱うことができるため、導入する企業や施設は増えています。