顕微鏡よりもよく見える|microscopeの魅力を大公開

メンズ

電子基盤開発で威力を発揮

顕微鏡

倍率で選べる機能

電子基板開発で威力を発揮するのが、microscopeです。microscopeであれば、細かい部分を超拡大してモニターに映し出すことができます。そのため、最適な配線を組むのに欠かせません。microscope製品も様々ですが、一般的には低倍率の機能を持つmicroscopeが利用されています。中倍率のmicroscopeの用途は主に、電子基板開発や改良に向いており、細かい配線を10倍から160倍に拡大しモニターでチェックできます。メーカーにもよりますが、最近のmicroscopeには観察対象を3D化する機能を搭載しており、立体的な凹凸のある部分をより精密に合成した画像を映し出すため、高度な正確さを実現するためよりコンパクトで軽量な電子基盤の開発や改良に威力を発揮します。多くのmicroscopeは、着脱できる形式のものを採用しているため、ズームレンズに取り付けるだけで被写体のレンズや被写体を載せているステージに触れることもありません。より高度な精密さが要求される際に利用されているのが、中倍率レンズが使われています。こちらは50倍から400倍と低倍率に比較して約2倍の拡大性能を持っており、より細かい部分まで立体的に鮮明に捉えることができるため、やはり凹凸のある電子基板の開発や改良などを中心に産業分野で活躍しています。現在のmicroscopeは、3D化機能を搭載しており様々な角度から観察できるので、観察対象物を動かす手間もなくなり、研究開発の効率化も高まります。